中学国語-たくさん解こう!

解けば解くほど、国語の得点率は上がる!
マンツーマンの実践特訓
「語彙・慣用句がわからない・・・」「上手く読み取れない・・・」
いろんな国語の問題もマンツーマンなら即、解決できます。
ご安心下さい。1対1で、わかるようになるまで解いていきます。



対策概要

定期テスト対策

|中学生-国語|定期テスト対策
「国語は実力で勝負する教科!(勉強してもあまり意味のない教科)」という考えの生徒が多くいます。
でもそれは大きな間違いです!むしろすぐに高得点を取れる狙い目の教科です。
国語の定期テストは基本的に学校で習ったことから出題されます。
よく問題には作者の考えを述べる問題とかありますが・・・ 自分の力で作者の考えを見抜けるようになるのは、相当の勉強時間が必要です。
それでも、わずかな勉強時間、短期で80点はとれるようになります! それは定期テストだからです!
定期テストで出る問題はわかっていますので、事前に音読・教科書の文章に慣れておく、 そして問題の答えを覚えるというやり方があります。
ポイントはそのとき、『なぜ答えはそうなるのか』きちんと理解していくことが大切です。 そこが本当の読解力を磨いていくポイントなんですね。
結局は自分が思う考え方がなぜ違うのか、そのことにきちんと向かい合わないといけません。 正解となる考え方を身につけていくことが大切です。 1対1の授業なら、そういったことができます。
国語の定期テスト対策。エージェントには短期で引き上げるノウハウがあります。
部活と両立可能
部活終了後帰宅してから受講できます
部活も一所懸命な生徒にも人気です!

漢字苦手対策

|中学生-国語|苦手分野対策
国語で得点がとれない、苦手という人は、まず漢字を特訓します。
漢字は単純です。覚えれば覚えるほど、すぐに得点につながります。 そしてたくさんの言葉を覚えることができます。
そんな漢字が苦手の原因の多くは…。 一度で習ったことができない・・・だから、覚え方がわからない、暗記が苦手と思い込んで、 なんだかんだで勉強していないというケースが最も多いです。
一度習っただけで、書けるようになるものではありません。確かに覚えやすいやり方、効率の良い覚え方がエージェントにはありますが、それでも、しっかりできるようになるまで繰り返し書くことが必要です。
「漢字は苦手だから…」という理由での放置をさせません。 1対1で丁寧に、できるようになるまで根気強く指導致します。
できるようになるまでの指導…。
確実に漢字の苦手をなくすわかりやすい方法で指導致します。

入試対策

  • 漢字・文法・古典対策

    |中学生-国語|漢字・文法・古典対策<
    頻出の漢字、頻出の文法、頻出の古文単語。
    配点ウェートから大きい得点UPは望めませんが、 入試問題にはよく狙われるところがあり、やればやるほど確実に得点UPにつながるわかりやすい箇所です。
    エージェントでは頻出の箇所を、カリキュラムとしてピックアップ。
    そして、入試の日から逆算して、何を、どのくらい、いつやるのか生徒と保護者に直接伝達。
    重点的にやるところから、さっと流すところまで、ひとりひとりに合わせた個別カリキュラムで、対策致します。
  • 読解問題対策

    |中学生-国語|読解問題対策
    短期間で読解力を上げる方法! それは・・・
    たくさん問題を解くことです!
    解けば解くほど国語の得点率は上がる!
    たくさんの本を読んできた生徒なら、きっと相応の読解力を身につけているでしょう。 でも、なかなかそんな読解力を身につけている生徒はいません。
    残りの時間で、どうやって効率良く、読解力を身につけ、得点UPをするのか…。
    だから、たくさんの問題を解くんです。なんとなく読むことに比べ、何倍も早く上達します。
    また、エージェントでは、まずは入試過去問を中心に対策していきます。 そうすることで、時間配分・問題形式・問題のレベルに慣れていきます。
    たくさん解くと、たくさんの間違いに出会えます。
    読解力UPはそんな間違いが宝物です。 短期読解力UPは、自分の考え方が違っているところを修正する作業ですから・・・。
    エージェントの授業はわかるようになるまでの会話式。 短期で自分の力で正解できるようになるように導きます。
    ※どのくらい解いたら、どのくらい伸びるのか・・・ゴールが見えなくて…と悩んでいらっしゃる方はご相談下さい。 例年の受験生が学校以外にどのくらいの問題を解いて、何割の得点率になっているかのデータがあります。(それがエージェントのカリキュラムの根拠でもあります)
30秒でわかる!
FREECALL/0120-541-509
  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 受講概要
  • 料金